薬剤師・管理栄養士コラム

早めの対策で紫外線に備えよう!

こんにちは、薬剤師の木谷です。

ポカポカと暖かくなって来ましたね。春は一気に紫外線の量が増える時期です。日差しがそれ程強くなくても、紫外線量は多いので油断はできません。今回は紫外線によるお肌のダメージと対策方法についてご紹介します。

≪紫外線によるお肌へのダメージ≫

紫外線が肌に当たると、肌の水分を奪って乾燥を引き起こします。そしていわゆる“日焼け”を起こす「紫外線B波」が、表皮と真皮の境目にあるメラノサイトにメラニンを作らせて肌を黒くしてしまいます。これが、くすみやシミの原因となってしまうのです。

sample2

「紫外線A波」は真皮の深い所まで届き、コラーゲンやエラスチンを変質させ、お肌の弾力を奪ってしまいます。そうするとお肌は水不足になってガサガサし、透明感が無くてくすんで見え、ハリも失われてしまいます。

このようにして、紫外線はシミや乾燥、シワ、たるみなどのあらゆる肌トラブルを引き起こします。恐ろしいですね!だから、美肌を目指すのであれば一年中、紫外線対策をすることは大切と言えるでしょう。

≪日焼け止めで紫外線対策≫

紫外線対策として、多くの方が日焼け止めを思いつくでしょう。でも、正しい選び方や使い方を知らない方も多いのではないでしょうか?

出来れば季節に関わらず、日焼け止めをつける習慣をしましょう。そして、選ぶ際に気をつけたいポイントは、肌への負担が少ないものを選ぶこと。SPFやPAの強い日.焼け止めは、その分お肌への負担も多くなるため一年中使う必要はありません。数値の高いものは長時間太陽の下で過ごすレジャーやスポーツ時にと、使い分けましょう。日常の生活に使うものは夏でもSPF25、PA++程度でも十分です。そして、日焼け止めも化粧と同じで帰宅したら速やかに落とすことが理想です。更にちょっとした外出でも日傘を差したり、帽子をかぶったりと、出来る限りの対策を行いましょう。

sample5

毎日使う物だから、相性や使いやすさにはこだわりたいもの。肌質や感触、場所や目的や好みなどに応じて選んで下さい。

ママバター UVケアクリーム 45g

潤う肌は 植物の力!

天然の保湿成分・シアバター5%配合でスキンケア効果も備えたUVクリーム。紫外線吸収剤不使用です。

美あぴす

ダメージを受けたお肌には【akairo otoha】で美肌をキープ!ストレスにさらされたお肌を4つの美容保湿成分が優しく包みます♪素早く角質に浸透するので、ハリに満ちた肌本来の明るさと透明感を与えてくれます。

IMG_2495_1

アピス コラーゲン 300粒

内側からもしっかりケア!

身体の中から美肌に必要な栄養素を取る事で、潤いある肌へと導きます。コラーゲンを1日当たり1855mg摂取できます。

美あぴす

日々のケアが、美肌を作っていきます。

将来のお肌のことを考えながらしっかりと紫外線対策を行いましょう。

LINEで送る