薬剤師・管理栄養士コラム

胃もたれについてチェック!

こんにちは。管理栄養士の番場です。
ある調査によると日本人の約4人に1人は胃の症状に悩んでいるという結果が出ています。胃が痛い、胃がもたれる、胸やけなど…。今回は胃もたれについてチェックしていきます。

banba1

胃もたれとは?

胃はぜん動運動により、食べ物と胃の消化液である胃酸を混ぜ合わせて消化し、小腸に送り出しています。しかし、不規則な生活、食べ過ぎ、ストレスなどで胃に過度な負担がかかると、胃の運動機能が低下して消化がスムーズに行われなくなってしまいます。そのため胃に食べ物が長くとどまってしまい、胃もたれの原因になってしまうのです。

予防方法と対処方法

○脂っこいものを避けて、消化のよい食事を摂りましょう。
○早食い、食べ過ぎは避けて、よく噛んで腹八分目を心がけましょう。
○すする食べ方をすると空気も飲みこむので、胃が膨らみ負担がかかります。
○食べ物を消化するためには多くの血液が必要です。食後すぐに動いたり、 お風呂に入ったりせず食後30分はゆっくりと体を休めておきましょう。
○胃粘膜を刺激するアルコールやタバコは控えめにしましょう。

胃に優しい食べ物

●消化の良いもの
うどん・豆腐、おかゆなど脂肪や食物繊維が少なく柔らかい食物。
同じ食材でも油を使わず加熱することで胃の負担を軽減します。
●消化を助けるもの
山芋や大根に含まれるジアスターゼという酵素。
酵素は熱に弱く空気で酸化するため加熱せず食べることがおすすめです。
●胃の保護をしてくれるもの
オクラや山芋、なめこなどのネバネバ成分。
「ムチン」という成分が胃を保護してくれます。
●その他
リンゴに含まれるペクチン(整腸作用)
ビタミンA、C、E、U(胃壁の粘膜材料となるたんぱく質の修復)

時間にゆとりを持って、食事を楽しく、おいしく摂りましょう!

 

セイバープラスZ スプレーボトル 500ml

インフルエンザ、ノロウイルス対策にも!!

新世代型の除菌・消臭!噴霧後わずか数十秒で99.9%以上除菌する効果が実証されています。

LINEで送る