薬剤師・管理栄養士コラム

二日酔いの対処法

IMG_2671

管理栄養士の山﨑です。今年も残りわずかとなってきました。これからの季節、お酒を飲む機会が増えるかと思いますので、二日酔いの対処法をいくつかご紹介しておきます。飲みすぎには十分注意をして、楽しくお酒を飲みましょう♪

 

二日酔いとは…

お酒を飲みすぎた翌日に起こる、吐き気や胸やけ、頭痛などの不快な症状が「二日酔い」です。二日酔いは、アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質が肝臓で十分に処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなることで起こります。症状は胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛など様々です。

~ 対処法 ~

◎水分補給

アルコールには利尿作用があります。飲んだアルコール量より多くの水分が排出されるため、脱水症状が起こりやすくなります。お酒を飲んだ翌朝、二日酔いだ…と思ったらまず水分を摂りましょう。水分を摂ることで体内に残っているアセトアルデヒドの濃度を薄くすることができます。肝臓でのアルコール分解に糖分が必要となるのでただの水やお茶よりもスポーツドリンクを飲む方が両方を摂取できるため望ましいとされています。

◎ビタミン補給

ビタミンは肝臓がアルコールを分解するときに必要な栄養素で、お酒を飲む時は十分に補給する必要があります。果物、野菜等を摂りましょう。

◎二日酔いに効く食べ物

しじみのみそ汁

しじみに含まれるアミノ酸が肝臓の機能を高めたり、アルコールを分解する酵素を活性化させる作用があります。さらに水分ですので、水分補給にもなります。

柿にはビタミンCが豊富に含まれており、肝臓の働きを助ける効果が期待できます。さらに、柿のタンニン、カタラーゼがアルコール分解を促進する作用を持っているため、二日酔いの症状を早く治してくれます。

はちみつ

はちみつに含まれる果糖がアセトアルデヒドの分解を促して二日酔い症状(特に頭痛)を和らげてくれます。

ウコン(クルクミン)

二日酔い対策のドリンク剤にも用いられているウコンには、クルクミンという成分が含まれており、このクルクミンは胆汁分泌を促して肝臓の解毒能力を向上する性質があるため、飲酒の前にウコンを摂取することで二日酔いのリスクを軽減することが可能です。

アピス ウコン粒 300粒

田七人参も配合♪翌朝爽快スタート

肝機能アップ(解毒・アルコール代謝)、疲労回復に♪お酒を飲むことが多い方はもちろん、冷え症の方にもおすすめです。

 

井藤漢方 しじみの入った 牡蠣ウコン 264粒

健康に乾杯!!

大海の栄養をたっぷり蓄え育った牡蠣としじみに、大地からの恵みを含んだウコンを1つに♪

アルコール分解に要する時間

①体重(kg) × 0.1 = 1時間に分解できるアルコール量(g)
②[ アルコール度数 ÷ 100 ] x 量(ml)× 0.8(アルコール比重) = 純アルコール量(g)
②の純アルコール量 ÷ ①の1時間に消化できる量 = 飲んだアルコールの消化時間

体重65kgの人が缶ビール(350ml度数5.5%))を3本飲んだ場合は約7時間かかります!

① 65kg×0.1=6.5
②(5.5%÷100)×1050ml×0.8=46.2
46.2÷6.5=7.1時間

飲んだアルコールの消化時間内に起床時間がくれば二日酔いの確立は高まります。水分をしっかり補給し、脱水症状を助長するお風呂やサウナは控えるようにしてくださいね。

 

 

 

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>