薬剤師・管理栄養士コラム

糖尿病と診断された方、血糖値が気になる方へ

糖尿病は、血液の中のブドウ糖(グルコース)の濃度(血糖値)が高い状態(高血糖状態)が続く病気です。

こんにちは。薬剤師の宮脇です。

健康診断で、血糖値が高めと言われた方、糖尿病と診断された方へ、今回はその症状と治療について少しお話しさせていただきます。

<糖尿病のタイプ>

■ 1型糖尿病

インスリンを作るすい臓のランゲルハンス島が働かず、インスリンが全く(またはごくわずかしか)作られなくなっているタイプの糖尿病です。日本ではこのタイプの患者さんは少なく、全体の数%程度です。

インスリン膵臓に存在するランゲルハンス島(膵島)のβ細胞から分泌されるペプチドホルモンの一種。

■ 2型糖尿病

すい臓から分泌されるインスリンの量が少なかったり、インスリンの働きが悪くなったりしている場合に起こる糖尿病で、日本の糖尿病患者さんの95%以上がこのタイプです。

<症状と治療>

糖尿病の症状としては、多尿・頻尿、喉の渇き、体重減少、だるい・疲れやすい、不眠などが見られますが、血糖値が高くなっても初期にはわかり難い事もあり気付かないうちに合併症を起こすことがあります。糖尿病に特有な合併症としては、3大合併症と呼ばれる「網膜症」「腎症」「神経障害」があります。これらの合併症は重症化すると失明や透析が必要な腎不全、足を切断しなくてはならないこともある壊疽(えそ)などにつながります。また血糖値が非常に高いと、糖尿病昏睡(こんすい)となり、命に影響が及ぶことがあります。

サラヤ ラカントS 顆粒 800g+液状280g

糖質のことを考えた調味料!

ウリ科の果実「羅漢果(ラカンカ)」から抽出した高純度エキスと、ワインやキノコなどに含まれる甘味成分エリスリトールでできた自然派甘味料

一方、糖尿病をきちんと治療すると、こうした合併症を予防できることが、多くの研究で分かっています。糖尿病と診断された時には、たとえ何も症状を感じなくても、これらのさまざまな合併症を防ぐために、治療に取り組むことがとても大切です。

大塚製薬 賢者の食卓

脂肪や糖分の吸収を抑えるw特保!

食物繊維(難消化性デキストリン)の働きで糖分や脂肪の吸収を抑え、食後の血糖値や中性脂肪の上昇をおだやかにします。

糖尿病の治療の3本柱は「食事療法」「運動療法」「薬物療法」です。特に前の2つは、生活習慣に深く関係があります。

生活習慣病の予防は、糖尿病の進行を抑える事に繋がるともいえます。

薬物での治療に関しては必ず医師、薬剤師の指導を守り毎日使い続ける事が大切です。薬の種類や飲み忘れ時の対処法などは患者さんひとりひとりによって違いますので医師の診断、指導をしっかり受ける様にしましょう。

アピス薬局では健康・栄養相談を行っております。 

⇒ お近くのアピス薬局はこちらから

apisfa

LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>